information

タロットポストカード通販開始!

デザインフェスタで販売した、 『青い鳥のタロット ポストカードセット』 の通販を開始いたします! 詳しくはこちらをご覧ください。   なにとぞよろしくお願いいたします。   川口 忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

ライブペイント終了 と 次回のお知らせ

こんにちは。 5/31、ライブペイントしてきました。 ライブペイントは2回目で、去年の個展前10月末に一度描いて以来の挑戦でした。   とてもよいライブ写真をミツハシカツキ氏が撮影してくれたのでそれを中心にご紹介。   今回は新大久保のライブハウスEARTHDOMで催された「CINEMA BLAST vol.9」という企画で、Ironfist辰嶋氏とドラムvsペイントの45分。 辰嶋さんはほぼブラストしっぱなし。 その轟音の中、驚くほどリラックスして、集中して描くことができました。                                           描いた絵についても、一回目に比べると格段に良くなったと思います。 まあ、始めたてというのは成長著しいものですね。 取り組むにあたっては、 「ライブペイントとは何か」 「そこでやるべきことは何なのか」 そんなことを自問自答して、自分なりに答えを持って、臨みました。 そういうアプローチはルは、自分のこだわり。   出番を前に、辰嶋さんと2人の楽屋。 始まり方、終わり方なんかを簡単に確認しつつ、絵のことなど話す中、辰嶋さんから 「へそもげは自分のスタイルを確立してるのがすごいよな」 と言われたことは、誇りにしたいと思います。   「俺は、マンガの絵とかをあえてマネしないでやってきてみてるんですよ」 「しんどい道をわざわざ選べるかどうかなんだよな」 「自分の世界観を確立する、ってのは容易なことではないし、目指す人も実はそんなに多くないように思います」 「しかもかっこよくないとダメじゃん」 言葉少なくともいちいち響く感じが、なんとも心地よく、驚き、道は違えど、心の行き着く境地はつながるものだと、また改めて思いました。   終わった後。 そんなに会話はなく。 終わった直後と、帰り際、 「最高でした」 「またやろう」 と固い握手。   辰嶋さんには「元GISM」なんて肩書きが要らない。 常に今のプレイを見たものに焼き付けるだけ。ソロだろうがバンドだろうが。 自分もそうありたい。いや、あらねばなりません。   実際今回のライブペイントの模様が、どんな程度のものだったのか、自分ではわかりません。 少なくとも、僕はそこで生きました。   撮影を依頼したので、いずれ編集して、ダイジェスト版ぐらいはネット公開したいと思います。   現物の方は、完成作品だけでも、一絵画として十分観賞に耐えられるものになってます。 (そこまでのものにならないと過程の「行為」「時間」も価値が薄いですし)   こちら、今年の個展で現物展示します。 (11/28-12/2 恵比寿 弘重ギャラリー) 72.5cm*190cmの大サイズです。 写メだといまいちですが、現物には大きさと、意外な細かさがあるのでそれなりに見ごたえあります。 フル版の動画も見られるようにしたいところです。     テラーの宇田川は「闘いの跡」だと表現した。そんな絵です。 ご来場いただいた方、声をかけてくださった方、 本当にありがとうございました。 少しずつ、力をつけていきたいと思います。   さて、 そして、 次のライブペイントがすでに決まっています。 7/14土 横浜で、 我がテラースクワッドのワンマンライブと同時進行で2時間程度、描かせていただきます。       7月14日(土) テラースクワッド 初ワンマン with HESOMOGE ライブペイント at 横濱オレンジカウンティ 前売1200円 取置なし限定50枚 チケットは wildcats666@jcom.home.ne.jp まで   川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

5/31木 インプロアートします

こんにちは。 大変ギリギリになっての告知ですが、 今週木曜日、インプロアートします。 即興でのライブペイントです。 なんと、ジャパニーズハードコアの生きる伝説、 Ironfist辰嶋との共演。 Ironfist辰嶋ドラムsolo feat. HESOMOGE(ARTWORK from TERRORSQUAD) というユニットです。 辰嶋さんのドラムは、一見どころか、なんどでもかぶりつきで見る価値があります。 もはや、「ドラム芸術」だと思います。 かねてから、そのドラムプレイもさることながら、作るバンドつくるバンドごとのコンセプトとデザインワークのキレ。そのコンセプターとしての実力に感服しておりました。 去年、僕の個展にもいらしてくれて、アンケートにも熱いメッセージを残してくれた辰嶋さん。 そして、とうとう今回、オファーをくれて、初の共演が実現するわけなのです。 今回は「CINEMA BLAST vol.9」という企画で、爆音で映像を見たり、ブラストビートに泳いだりするすこし風変わりなイベントです。 音楽では、うちら『Ironfist辰嶋 feat. HESOMOGE』と、爆走グラインドコア『Self deconstruction』 がでます。 こちらのバンドもかなり楽しみです。 かっけー♪ インプロアートなんて、初めてのことです。 すこし前の自分なら、確実に、怖気に適当な理由を見繕って、辞退してたと思います。 でもどういうわけか今は、ちょっとやってみたいなと。そう思ったのです。   「CINEMA BLAST vol.9」 5月31日(木) 19時半スタート(オープン19時) 新大久保「EARTHDOM」 東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1 料金:当日¥1800(前売¥1500)+ドリンク(¥500)   どうなることやらわかりませんが、 少なくとも僕は、そこに生きていて、必死になにかをしていることでしょう。 良かったら、現場を目撃しに来てください。   川口忠彦 HESOMOGE 拝    

Read More →

デザインフェスタ終了&個展のお知らせ

こんにちは。 5/12土、13日、デザインフェスタに出展いたしました。 ご来場いただいた皆様、ポストカードをご購入いただいた方、 まことにありがとうございました。 お知り合いの方の顔を見られたことも、 はじめての方に声をかけていただいたことも、 どちらも本当にうれしく、出展してよかったなと思っております。   とりわけ、タロット占いの専門家の方に複数にご来場いただき、 「一枚一枚すべて納得がいく」 「好みなので完成したら絶対買いに来る」 と言って頂けたのは大きな励みになりました。 制作中のタロットは、表面的な絵柄の面白さだけでなく、「本当に使えるタロット」をコンセプトに、本職の鑑定解釈に耐えうる内容にするため、プロの西洋占星術師の三上牧さんとの共作で制作しており、深い解釈を踏まえて、それを美術的に昇華させようと試みており、そのお墨付きをもらったような気がしたからです。 秋までには22枚しっかり揃えて、カードセットにしたいと思います。 ご来場いただいた皆さん、告知に協力していただいた皆さん、 会場での運営に協力してくれたTERROR SQUADのメンバーと関係者のみんな。 そして、2日間の搬入から最後まで搬出まで、ずーっとサポートしてくれたWildcatsさんに、 心からお礼申し上げます。 ありがとうございました! さて。   そして、個展の告知をさせていただきます。 今年も、11月に個展をします! 11/28水-12/2日 恵比寿 弘重ギャラリーにて!   前回は、初個展として、これまでの集大成的に、 セブンモールモースの騎兵隊やヴィーナス&ブレイブスなども含め、バリエーション豊かに展示いたしました。 今回は、デザインフェスタで初お披露目をした タロットカード『青い鳥のタロット』の大アルカナ22点の展示を 中心に組み立てていきます。 22枚の、ちゃんと使えるタロットカードセットも発売予定です。 タロットを共作させていただいている西洋占星術師の三上牧さんによる鑑定実演や、私へそもげによる、一枚一枚の解説ギャラリーツアーなども、企画しております。 デザインフェスタは、ちょっとしたご紹介という程度ですが、個展では今回もしっかりと空間を作り上げ、長居して楽しい展覧会にしたいと思っております。 11/28水-12/2日 東京は恵比寿(弘重ギャラリー)です。 会場でお待ちしております。 ぜひともお越しいただければ幸いです。 川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

5/12,13 デザインフェスタに出展します

こんにちは。早速ですが、 5/12(土)、13(日) 東京ビッグサイトで開催される、 デザインフェスタVol35に出展いたします。 ブースはD-13 ※詳細は下部   僕の出展作品は 『青い鳥のタロット』 と称する新シリーズで、 去年の個展で好評だった、『姫君の青い鳩』(ACE COMBAT5 劇中童話)の挿絵のタッチを、 新しくタロットカードの世界に展開するものです。 右の画像のような絵ができつつあります。 こちら、本職の西洋占星術師 三上牧さんとの共作で 「本当に使えるタロット」 をコンセプトに、 表面的な絵柄の面白さだけではなく、 内容も本職の鑑定解釈に耐えうる本格的なものを目指しています。   今回のデザインフェスタでは、 こちらのタロットの新作絵6点。 これにテラースクワッドのフライヤーの絵を2点。 これらすべて2012年制作のものなので、2.4m×2.4mほどの小さなスペースですが、 ちょっとした新作展のようなものになります。 旧作は一点、『極北の冥府』を持っていくつもりです。   また、 “青い鳥のタロット”の今回出展分の中から5枚をチョイスして、 ポストカードセットを販売いたします。   デザインフェスタ終了後に、通信販売も致します。 なにとぞご贔屓に。   ◆デザインフェスタvol35 2012年5月12日(土)・13日(日) 東京ビッグサイト西ホール全館   川口忠彦の出展場所は D-13 (Death-13) と覚えてください。笑   入場エスカレーターを降りてすぐ左手。 ショースペースのある、中央の大ホールの一角です。 開催時間は 11:00 - 19:00 チケットはこんな感じです。 一日券の当日券が1000円。詳しくは上記リンクにて。   個展と違い、狭いブースですから、すぐ観終わってしまうかと思います。 遠方から来てくださいとは言えないのですが、 近郊の方、特に、デザインフェスタにご来場予定の方は、ぜひ ブース Death-13  にお立ち寄りいただければと思います。 お待ち申し上げております。   川口忠彦 へそもげ 拝

Read More →

CURTAINS LABEL ロゴデザイン

新宿のライブハウス「アンチノック」がインディーレコードレーベルをはじめました。 “CURTAINS LABEL”といって、 いまライブハウスに出入りするバンドへのサポートとして、 背伸びして大量の在庫を抱えるのではなく、かといって諦めてCDRを無料で配るということに甘んじるのでもなく、 等身大の活動ができるレーベルのようです。 そのレーベルロゴを制作しました。 依頼者は、元マシリトの印藤君。 ヴィーナス&ブレイブスの製品ロゴとか、 中で使っているフォントとか、そういうのも作ってきていているのですが、 今回は、大好きな世紀末美術のラインで制作。 あえて線の歪みや粗さもそのままに、アナログ感たっぷりで仕上げました。 ちなみに、こういう感じのものなら15kぐらいから承れます。 川口忠彦 へそもげ 拝

Read More →

フライヤー 4/29 SABBAT vs TERRORSQUAD

フライヤー制作しました。 4/29 新大久保EARTHDOM SABBAT vs TERRORSQUAD の2MANライブです。 こういうど真ん中のevliなものって、意図してチョイスすることはかなり少ないのだけど、描いてみると、 「やっぱり好きなんだなあ」 と実感しました。 描きやすい。笑 絵として好きなアルバムジャケットには確実にスレイヤーのサウスオブヘブンは入ってくるしな。 サバトという明快で芯の強いコンセプトを持つバンドの力で、改めて原点回帰的にこういう絵を描けたのは良かったです。 ほうぼうのライブハウスで配っていますので、 欲しい方は手に入れてください。 川口忠彦 HESOMOGE へそもげ 拝

. Read More →

NIGIMITAMAについてのアンケートのお願い

昨年リリースしましたアルバム 『NIGIMITAMA』 HESOMOGE with TERROR SQUAD につきまして、アンケートを作成いたしました。 好きな曲や再生環境をお聞きする簡単なものです。 ご購入いただいた方、よろしければご協力をお願いいたします。 ※回答期間終了   HESOMOGE 川口 忠彦 拝

. Read More →

NIGIMITAMAアンケートページ

NIGIMITAMAについてのアンケートにご協力をお願いいたします。 ご協力誠にありがとうございます!

. Read More →

神道的見地からのNIGIMITAMA解説 

昨年11月に開催させていただいた、僕の初個展用の環境音楽を音源化したアルバム「NIGIMITAMA」について、本物の神職資格者の方より、解説文を寄稿していただきました。 もともと、『NIGIMIATA=ニギミタマ=和魂』というのは神道世界の言葉で、タイトルだけでなく、曲名にも周辺のエッセンスを盛り込んだり、音楽的にも和の五音音階(ヨナ抜きに非ず)を使用したりしています。 これらを改めて、本物の神職資格者に解読、解説いただいたテキストです。 神社本庁神職階位 正楷(明階課程修了)渡辺洋一氏による解説。 単なる神道の薀蓄にとどまらず、相当聴きこんだ上で、書いてくださいました。 NIGIMITAMAの音楽世界が、深化することは間違いないでしょう。 聴きこんでくださっている方には、心の底からお勧めさせていただきます。 こちら↓ 『NIGIMITAMA現出』 改めまして、渡辺洋一殿、心よりお礼申し上げるとともに、この“邂逅”を有り難く思います。 HESOMOGE 川口 忠彦 拝

Read More →