information

横浜でライブペイントしてきました。

こんにちは。 9/8、横浜のBBストリートにて、ライブペイントをしてきました。 のべ四時間を描きました。 “静止した平面の中で起こるドラマ” が絵画なら “移り行く時間の中で起こるドラマ” がライブペイント だと、僕は捉えています。   絵は、 たった一筆加えただけで、突然それまで描いてきた平面に広大な空間が生まれたり、風が吹き込んだりします。 逆に、たった一筆で、さっきまでその向こうで確かに輝いていた世界が消え失せ、ただの汚れたキャンバスに戻ることもあります。   生き物のように、一筆ごとにあり方を変えていく絵の、「その動きそのもの」を、ライブとして見てくれている方々と共有できれば、 という思いです。   今回は、「SEI with MASTER of RAM」というバンドの、『a sheep』というアルバムの発売記念イベント。 その言葉と、アルバムのサウンドが、イメージのとっかかりになり、さらには対バン達の持つ音楽的世界観にも影響されていきます。   バンドが出力するものを、《音楽》と《歌詞》とに二分してみると、 《音楽》は、抽象的なものです。「意味」ではなく、情感やイメージを持つものです。 《歌詞》は、言葉です。「意味」をもち、何かの対象を具体的に指し示します。 この二つの極端の真ん中に立って、両手でつなぐことができるのが《絵》です。 《絵》は、『具体的な何か』を指しつつ、それを『情感』的な世界に示します アルバム『a sheep』の中で、僕が一番好きな一曲目。 こんな歌詞があります。 “ザイオンへ 登れ” “人間の 解放へ 走れ”   最終的に、その言葉の指し示す何かに向かって、放たれる全ての音を吸収して、絵が進んでいきました。   そんなふうに、   この世にまだない、これから表現されようとしているイメージ。 それを朧ろげにでも姿かたちにしてこの世に映しだすこと。   そのことに、僕は命を懸けています。 意外と、誇張でも、芝居がかって言っているのでもなく。 齢42。これまでの道のりと、これからの先行きを思い定めたときに、結局そういうことになるなと、自覚したのです。 ライブの模様をこうして写真に収めていただきました。 写真はAZUMIXくんと、kogさん。 ありがとうございます。   最後の写真、「描き終わった絵」は、あえてここには載せないでおきます。   末筆ながら、 企画者Sei with Master of Ram の印藤君、亀さん、ノケン。 出演バンドの横浜のハードコアホープWithin The Last Wish、ピースフルコーラスパンクTHE WELL WELLS、激渋爆走ロックンロールSPIRITUAL GARDEN、プロフェッショナルエンターテインメントショウ軍団デリシャスウィートスのみなさん。 そしてもちろん、あの場にいらしてくださったすべての方、気にかけてくださった皆さんに心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。 ライブペイントは、そんなに多くないですがすこしずつ機会を頂いて、修業を積んでおります。 いつかご覧いただけますことを願っております。   ありがとうございます。 また。   川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

10年間取り組んだ『クリエイター育成』が紹介されます

こんにちは。 今日はいつもと少し違うお知らせです。 CEDECというゲーム・デジタルコンテンツ業界イベントで、私が行ってきた人材育成の活動を紹介していただけることになりました。   私は社会人になって最初の10年は、株式会社ナムコ(現・バンダイナムコ)のゲーム開発者として、家庭用ゲームの開発をしてきました。 そこでは、ビジュアルデザイナー、アートディレクター、監督と、少しずつ裁量を拡大しながら、悲願であったオリジナルのRPGを発売するにいたります。 2003年に監督作品のヴィーナス&ブレイブスを発表した後、そのままゲーム開発チームのリーダーとして仕事をし続けていくことに面白みを感じられなくなり、かわりに人材の育成に危機感を覚え、また強い意欲を持ちました。 自分がプロジェクトメンバーを率いてオリジナルの新製品を開発していく中で、いろいろと気づいた課題をクリアにしていくために、ゲーム開発者としての席を降り、独自の育成カリキュラムを設計し、運用・実践してきました。 それがこの3月ぐらいまでの10年のことです。   このところの対外的な活動としては、アーティストとしての創作と表現をずっとやってきましたから、意外に思われるかもしれません。 しかし、私の中では、 ・多くの人の娯楽の時間の中に、作品という形でアクセスしていくエンターテインメントビジネス ・少ない人と直接向き合い内面の成長に深くかかわっていく育成 ・創作物を通じて人の内面に深く分け入っていくアート これらはとても必然性のあるつながりなのです。   そして今回、この10年間、私が取り組んできた 『ゲーム開発現場のクリエイター育成』が、 国内のゲーム開発者カンファレンスである“CEDEC”にて、 『開発現場の問題に取り組んだ事例』として紹介されます。   「専門職必見!これからクリエイターに必要な力とは ~バンナムで8年間行われたリーダー育成研修~ 」 というタイトルで、昨年のCEDECで「ゴッドイーターから贈るフィジカル中二論」を講演した河野紀子さんに紹介していただきます。 彼女はまさに私の教え子で、私の施策から深く学ぶところがあり、少しでも業界内外の方に知ってもらいたいという熱意があり、CEDECでの講演を申し出ていただき、今回、門外不出のこの施策のポイントを紹介していただくことにいたしました。 業界イベントですから、多くの方にはあまり関係のないお知らせだったかもしれませんが、仕事柄ゲーム業界の方も見ていただいているかもしれないと思い、お知らせをさせていただきました。   講演の詳細は>>>こちら   ご縁があればぜひご高覧くださいませ。 (と、私が登壇しないのに言うのも少し変ですけれども。)   川口忠彦 HESOMOGE 拝    

Read More →

Ironfist辰嶋&HESOMOGE映像+次回ライブペイント

  こんにちは。 一昨年から一年に何回かずつチャレンジしてきている、 ライブペイントの次回予定が決まりました。 9/8(日) 横浜にて行います。   マシリトでお世話になった印藤君の新しいバンド SEI with MASTER of RAM の企画での共演になります。(詳細は後述)   こちらは、去年5月、Ironfist辰嶋さんと共演させていただいたときの映像。 このときは50分程度の短いステージだったことと、辰嶋氏の壮絶なブラストドラムソロとの共演ということで、即興性高く、またブラストビートを自分なりに視覚化する試みでした。 このときに出来上がった作品は、 Self Deconstructionのアルバム「Superficial」のジャケットにも使用していただきました。→ 次回は、これよりはるかに長く、2時間半~3時間程度描くことになるかと思います。   また、ここ何度か行ってきたTERROR SQUADとの共演でもないので、 ライブ全体の雰囲気も音楽性の違いもかなりのギャップになると思います。 どんなものになるか、自分でも楽しみでもあります。 やはり、その場で描いていくので、そこを包み込む音楽の影響はかなり受けるのですね。   ということで、以下詳細になります。 『伝説のレジェンド14』 -a sheep release tour final- 9/8(sun) 横浜BB street(関内駅からすぐ) BANDS: デリシャスウィートス SPIRITUAL GARDEN THE WELL WELLS Within The Last Wish SEI WITH MASTER OF RAM LIVE PAINTING: HESOMOGE(川口忠彦) open 18:00 start 18:30 前売¥2000 当日¥2500 (こちらのステキなフライヤーは。僕が制作したものではありません) まだまだライブペイントは修行中のみなので、どんなことになるかわからないのですが、いつもどおり全身全霊で取り組むことだけはお約束いたします。 ご興味があればぜひご来場ください。 前売りは、取り置きという形で、お受けできます。 メールフォームなどで前日までにご希望くだされば、 当日来て頂いたときに前売り価格で入場できます。 よろしくお願いいたします。 川口忠彦 HESOMOGE 拝  

Read More →

青い鳥のタロットがお求め安くなりました

こんにちは。 これまで、遠方の方には個人通販しか販路のなかった青い鳥タロットですが、 このたび、Amazonに置かれるようになりました。 個人通販が面倒…と躊躇されていた方はこの機会にぜひご利用くださいませ。   The Blue Birds' TAROT -青い鳥のタロット-   また、Amazonへの出品をしていただいている『ヴィジョナリー・カンパニー』により、 全国のヒーリング関係ショップに置かれたりもする予定です! 在庫もぼちぼち終わりが見えつつありますが、 青い鳥たちに、まだ見ぬ新しい出会いがありますよう祈っております。   川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

青い鳥タロットがラフォーレ原宿に進出!

こんにちは。へそもげです。 みかみまきさんと共作した 『The Blue Birds' TAROT -青い鳥タロット-』が、 なんとラフォーレ原宿に進出です。 3月から、新宿のセレクトショップ『A STORY』さんに置いていただいているのですが、今回、『A STORY』さんがラフォーレ原宿に期間限定ショップを出店されるのです。すごい。   LAFORET HARAJUKU A STORY TOKYO LIMITED SHOP 2013.4.3(wed) - 4.15(mon) 1F ENTRANCE SPACE   二週間ほどの期間、青い鳥が新しい出会いをしてくれることを願っております。 ※正直どのぐらいの数が動くのか予想できていません。 こまめに在庫補充をしていきますが、品切れの際はご容赦くださいませ。。。 川口忠彦 HESOMOGE 拝  

Read More →

アートワーク&ライブペイント予定

こんにちは。 4/27土のイベント、 『憎まれっ子世に憚る』 のフライヤーアートワーク制作しました。 テラースクワッドが出演するのですが、 対バンになるETERNAL ELYSIUMのイメージを特に借用して、 サイケデリックmeetsテラースクワッド というテーマで作成しました。 こういうタッチは珍しいのですが、 企画のコンセプトがしっかり立っていて、 すんなりイメージが出てきました。   この日、 僕はライブペイントをやります。 去年の7月以来。 また2時間以上描くことになると思います。   -憎まれっ子世に憚る 三巡目- 4/27土  横浜オレンジカウンティ  ETERNAL ELYSIUM やさぐれ TERROR SQUAD HESOMOGE Live Paint 当日券のみ 1500円 +Drink 17:50開場   ライブペイントメインでご覧になりたい方は、あらかじめご連絡いただければ、 なんとなく見やすい場所を用意できるかもしれません。   全力で挑みます。 よかったらご覧くださいませ。   川口忠彦 HESOMOGE 拝  

. Read More →

青い鳥タロットが店舗進出いたします

こんにちは。 私と三上牧さんが共作しました、 「青い鳥タロット-THE BLUE BIRDS' TAROT-」。 こちら、去年12月の個展で販売したのち、個人通販とみかみさん出演のイベントでの販売だけで行っていましたが、 このたびついに実店舗に進出いたします。   「A STORY」(ア・ストーリー)さんというお店で 腕時計・懐中時計を中心に、作家・アーティストもののアクセサリー、アート作品を販売する、超おしゃれなセレクトショップで、もともと原宿・表参道あたりのお店だったのですが、 この3月、南新宿に2号店を開店されます。その2号店でのお品揃えの一部に加えていただくことになりました。 新宿駅南口から徒歩すぐなので、移動圏内の方で、タロットに興味ある方は、通販のように手間隙なく、また、現物を手にとってごらんいただけますのでお勧めです。 また、他の作家さんのアイテムが、どれもかなり素敵です。 青い鳥タロットがお好きな方なら、きっとわくわくできるんではないでしょうか。他にない、素敵なグッズでそろえてあります。   ディスプレイの模様。 本日3月1日(金)プレオープン 3月21日(木)グランドオープン だそうです。 今現在はグランドオープンに向け、鋭意準備中!という感じですが、それも一興♪ とぶらりと覗いてみるのも、グランドオープンしてから満を持して行ってみるのもよしということで、ぜひ一度覗いてみてくださいませ♪ A STORY 南新宿店 渋谷区千駄ヶ谷5-32-6 大西ビル505 http://handmade-watch.com 営業時間 12時~21時(無休)   川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

The Blue Birds’ TAROT 通販開始いたします

お待たせいたしました。 個展でご好評いただきました 『The Blue Birds' TAROT -青い鳥のタロット-』 の通販を開始させていただきます! 詳しくは紹介ページをご覧くださいませ。>> 紹介ページへ

Read More →

第2回個展 終了いたしました

第2回個展 川口忠彦 タロット寓意画展 『蒼き鳥たちの祝祭』 おかげさまで無事終了いたしました。   ご来場いただいたみなさま、 遠方から見守ってくださったみなさま、 ありがとうございました。 去年の初個展では、いくつかのゲーム、 バンド関係のアートワークなどが並ぶ お祭り的な展示をしましたが、 今回は打って変わって ほとんどがタロットカードの挿絵で、 ライブペイント作品などを数点と、 かなりテーマを絞り込み、かつ新作限定の展示となりました。 細かいことは、見に来ていただいた方の記憶に留めておくとして、展示した一点一点、空間全体の質は向上したのではないかと思います。 去年は、初めて自分のゲーム作品の仕事を公にして、それらと強く紐づけて個展を行い、多くの方にご来場いただきました。 そして今回、ゲームの絵を一点も出さないことにしましたが、 実は不安もかなり、大きかったのです。 しかし結果的に、 たくさんの方にご来場いただき、 自分にとっての大きな一歩になったように思います。 タロット挿絵には、それぞれしっかりした ボリュームの解説ボードをつけました。 どんな象徴的世界を表現するためこのような絵になったのかということと、タロットに流れる物語を知っていただきながら絵を見ていただくほうが、 楽しんでいただけると思ったからです。   ■タロットカード 今回のタロットカード 「The Blue Birds' TAROT(青い鳥のタロット)」は、 何度かご紹介している通り、 本職の占い師であります みかみまきさん との共作です。 「本職の鑑定解釈に耐える絵柄、実際に使えるカード」を目標に、より深い『意味と絵柄の合致』のために、意味的象徴的に吟味を重ね、表現を試行錯誤して、二人で半年をかけて制作しました。 その甲斐あって、今回は多くの本職占い師さんにご来場いただき、大変なご好評をいただきました。 胸を張って、 『本職のお墨付きのタロットカードである』 と、言わせていただこうと思います。 こちらは、ちかぢか通販を開始いたしますので、 ご入用の方はぜひご利用いただければと思います。 中野トナカイやココチでのみかみまきさんの鑑定時に購入することもできます。 ■鑑定実演 タロットカードの購入者特典として、 監修のみかみまきさんご本人による、 「The Blue Birds' TAROT(青い鳥のタロット)」 を使用した鑑定を行いました。 多くの方が 「なにも説明していないのになぜ」 ととても驚かれていました。 大変よくあたるようです。 結果的に、すべての日にご来場いただき、 無料鑑定をしていただきました。 きっと100人を超える鑑定をなさったかと。 ■朗読ミニライブについて 夜は、ミニライブ。 前回の会場音楽として、僕を中心に、 テラースクワッドのメンバーと制作した 『NIGIMITAMA』というアルバムから、何曲かを演奏いたしました。 環境音楽として作られたアルバムとは違い、 ライブとしての密度に答えるべく、 詩を大量に増量(図録『黒キ太陽ノウタ』からの抜粋と、宇田川の新作)し、 インスト楽曲だったものに朗読をかぶせたり、 ライブならではのアレンジをしました。 『詩の朗読会』のような空気ではなく、 ただ『ボーカルスタイルが語りである』だけで 全体としては非常に音楽的な仕上がり。 ヴィーナス&ブレイブスのファンだとか、 エースコンバットのファンだとか、 テラースクワッドのファンだとか、 年齢とか性別まったく関係なく、 終演後に、冷めやらぬ興奮を伝えに来てくれた方が何人もいらっしゃいました。   数々のライブを見てきたはずの猛者たちが 「新しい感覚」「新しい扉を開かれた」と表現してくれました。 撮影・録画・録音禁止で行いましたから、 DVDの販売もしませんし、youtubeにアップされることもありませんが、 独立した「ライブ活動」として今後も継続していきたいと思っています。 ■きづいたこと メインの絵画展示に、たくさんの解説ボード。 会場音楽は、今回は黒百合姉妹。 そして、ミニライブ。 結局、 絵と、音楽と、言葉で、ひとつの世界を表現しようという試みを 続けているのだなと、終わってみて、改めて思い至りました。 10年前にゲーム制作をし、いまはもうしていませんが、 やはりこの三つを複合させるのが、一番やりたい自分の表現なのだと、気づくことになりました。 より、美術的で、音楽的で、言葉の力を持つ、それらの複合をしていきたいと思います。 ■さいごに 今回の個展の実現に関わっていただいたすべてのみなさま、 ご来場いただいたみなさま、 遠方から見守ってくださったみなさまに 心よりお礼を申し上げます。 ありがとうございました。 生きてさえいれば、必ずまたやります。 きっと、来年。 改めまして、 今後ともよろしくお願いいたします。 川口忠彦 へそもげ 拝

Read More →

個展 『蒼き鳥たちの祝祭』

※ タロットカード価格、イベント詳細を追記いたしました。(11/20) ご無沙汰しておりました。へそもげこと、川口忠彦です。 このたび、昨年11月の初個展に続く、 第2回個展を開催させていただきます。   11/28(水)~12/2(日) 恵比寿 弘重ギャラリーにて 川口忠彦 タロット寓意画展 『蒼き鳥たちの祝祭』 と題し、 本年の主な取り組みであった、 『The Blue Birds’ TAROT』/ 青い鳥のタロット、 西洋占星術師 三上 牧(みかみ まき)さんと共作した、 タロットカードの大アルカナ22枚の挿絵を一同展示いたします。 童話絵本『姫君の青い鳩』の挿絵のテイストをタロットカードの世界に展開する、 というのが発想の発端でしたが、 「本職の鑑定解釈に耐える」をコンセプトに 絵的なこだわりだけではなく、 より深い『意味と絵柄の合致』を得るために 意味的象徴的に吟味を重ねて制作しました。 半年をかけて、旅をしてきたタロットカードの象徴と寓意の世界。 その旅の風景画です。 その他、5月にironfist辰嶋氏と行った即興アート(self deconstructionのアルバムアート)や 7月に行ったライブペイント作品も展示いたします。 会場では Blue Birds’ TAROT』/ 青い鳥のタロット 大アルカナカードセットを発売 いたします。 大アルカナ22枚、インストラクションカード2枚、ケース、それに解説冊子(A6 12ページ)をつけて、予価3000円。 今回の個展会場では2500円にて販売いたします。 個展後には通販も行っていきます。 サイズ、紙質、加工にもついても吟味し、本職使用に耐え、所有感のある高い質感になったかと思います。 会期中、会場にて購入者特典として、こちらのカードを用いた、 監修のみかみまきさんの鑑定実演を受ける機会もございます。 さらに、前回の個展で環境音楽として制作したアルバム 『NIGIMITAMA』の “朗読ミニライブ” も予定しています。 去年の初個展の、手掛けたゲームのコレクション的な展示とはかなり趣向が変わりますが、 ほぼすべてが2012年の作になり、今現在の私の作品世界をご覧いただける内容になると思います。 今回の会場音楽は、「黒百合姉妹」の楽曲を使用させていただきます。 ピアノとボーカルの女性2人のユニット。あえて端的に表現すると、讃美歌とか教会音楽のような楽曲で、 内向的で幻想的な楽曲は今回のタロットの制作をするにあたり、ずっとインスピレーションを受け続けてきた楽曲です。 <青い鳥のタロット>と<黒百合姉妹>の織り成す世界は、ヴィーナス&ブレイブスや『姫君の青い鳩』に持ち込んでお見せした、 天使や悪魔といった象徴的・装飾的な世界。少女趣味的で繊細な、観念と夜の世界です。 会場は去年と同様、恵比寿の弘重ギャラリー。 一軒家の、空気感の良い、お気に入りのギャラリーです。 ご覧いただけたら幸いです。     川口忠彦 HESOMOGE タロット寓意画展 「 蒼き鳥たちの祝祭 」 2012年 11/28 (水)-12/2 (日) 東京 恵比寿 弘重ギャラリー 平日    15:00-20:00 12/1(土)   13:00-20:00 12/2(日)  13:00-17:00   ■イベント予定 ■11/28(水) □16:00-18:30 タロット鑑定実演 □19:00-     NIGIMITAMA朗読ミニライブ  ■11/29(木) □15:00-18:30 タロット鑑定実演 ■11/30(金) □19:00- NIGIMITAMA朗読ミニライブ  ■12/ 1(土) □13:00-18:30 タロット鑑定実演 □19:00- NIGIMITAMA朗読ミニライブ  ■12/ 2(日) □16:00- NIGIMITAMA朗読ミニライブ  タロット鑑定実演は、Blue Birds' TAROTを監修いただいたご本人の、みかみ まきさん NIGIMITAMA朗読ミニライブの、朗読、ギター、ベースはそれぞれNIGIMITAMAで実際に演奏しているTERROR SQUADの宇田川浩一(vo.)、前川裕之(BASS)、大関慶治(Gt.)によるもの、ピアノはゲスト奏者です。   ■会場地図 会場は恵比寿駅から15分の場所なのですが、住宅地で、目印の少ない場所にあるため迷いやすいです。 詳しい説明をこちらに設けましたのでご覧ください >> 弘重ギャラリーへの行き方   去年同様、開催中は、ずっと展示室におります。 よかったら、声かけてください。 よかったら、語らいましょう。   ご来場お待ちしております。   HESOMOGE 川口忠彦 拝

Read More →