ヴィーナス&ブレイブス 発売10周年によせて

2003年2月13日、
僕が監督をしたファンタジーRPG、

『ヴィーナス&ブレイブス~魔女と女神と滅びの予言~』
が発売になった。
(…とのことである。wikiなどによると。
僕自身は、その発売日のころ、疲労困憊して前後不覚みたいな状態で、記憶がない)

 

あれから10年。

創作物をつくり、発表しているからには、
いろいろな境界を乗り越えたいと思う。

自分と自分以外の境界。

性別。
年齢。
価値観。
経験。
国籍。

現実のしがらみや事情の中ではなかなか乗り越えられない境界を、
作品によって乗り超えたいというのは、
表現者のひとつの大きな願いではなかろうか。

10年という時間。VBseirei0

当時の小学6年生は、もう大学を出て就職しようというころだ。
新社会人だった人はそろそろ部下もでき子供もいるかもしれない。

当時31歳だった僕も41歳。

決して短くはない時間。
10年ひと昔、である。

あのころは、
ゲームのプレイヤーと、僕のような制作者が交流を持てるようなフィールドは
ほとんどなかった。

PSP版のリメイクを機に、
ツイッターで、当時から愛し続けてくれた人をたくさん発見した。

それから、少しずつ、

僕らの作品が、どんな方たちに、どんな風に愛されてきたのを知ることになった。

本当に、思った以上に、ずっと愛されてきたんだなと実感した。

 

FxCam_1360728393294こちらの写真は、10周年記念特注ケーキ。

すばらしき後輩 ユウさんのすばらしき計らいで、プレゼントいただいてしまった。

いつも本当にありがとう。

それから、ツイッターで、各種キャラクターのbotを運用してくれているあなた。

ファンアートやいろいろな形で長い間愛を暖め与え続けてくれたあなた。

「軟膏騎士団」のみんな。

ほんとうにありがとう。

 

そしていま現在、新たにプレイして、気に入ってくれているという方と出会ったりもする。

 
そして思う。
 

VBtower

僕たちが作ったヴィーナス&ブレイブスは
10年という風雪に耐えてきたんだなと。

10年。

その時間の“境界”をまたぐ作品を、
僕らは作ることができた、とも言えるし、

それだけの間、支え続けて来てくれたかたがたがいるんだ、と。

誇りに…とか、感謝…という言葉では言い表せない、
なんとも暖かく、力強い気持ちが湧き上がってくる。
 

それに対して月並みな言葉しか出てこないのがもどかしいけれど、

ほんとうに、ありがとうございます。

 

僕はたしかにあの作品の監督であるが、
もちろん一人で作ってはいない。
たくさんの、優れたスタッフたちと作り上げた。

それを前提にしつつ、もう少し一個人としての考えを述べることを許して欲しい。

 

僕はいまはもうゲームを作っていはいないが、
けれど、表現したいこと、表現しなければならないと思っていることは
実は、ほとんど変わっていない。

 

「…限りある生を持つ者にとって、
通り過ぎていくのはいつも時のほうだ。
朝日と共に一日が訪れ、日没とともに去っていく。

一日の訪れと共に、喜びや哀しみ、出会いや別れがやってくる。
そうして、すべての日が訪れ終わった時、命は尽きる。

あなたにこれから訪れる日々が、
実り多きものであることを祈ろう…」

 

ここまでを読んでくれたあなたなら、
こんな言葉を一度は目にしただろうか。

 

10年前プレイしてくれたきみたち。

当時少年少女だったきみたちも、
いまはほとんどみんな大人になっているだろう。

当時まだ青年的な面影のあっただろう僕も、
白髪もしわも増えてきて、すっかり紛れもない中年である。

 

そんな、この10年の経過を踏まえて、
いま改めて、ちょっと違う角度で、
「あの作品であらわしたかった何か」
の一部を、言葉にしたいと思う。

 


きっと10年前に比べたら、
みんなそれぞれ、少しずつ大変だろうと思う。

あんなに長かった夏休みは幻だったように、
数日の連休を取るのにも苦労してるだろう。

あのころ胸に抱いていた夢や希望は、
すっかり薄れてしまっただろうか。

こんなはずじゃなかった、
つまらない大人になっちまったなという感じる日もあるだろうか。

 

あのころ憧れていたようには輝かしくもない、誰にもてはやされもしない、
そんな薄暗い日々ばかりだろうか。

 

僕もそうだ。

気にすることはない。
現実を、憂き世を生きるということは、そういうものだ。

 

僕らは映画やドラマ、ファンタジーの世界を生きているわけじゃない。

誰かによって、意図的に理想的な形に作られた世界ではなく、
たくさんの命が渦を巻きながら、結果的に成立しているのが、
この現実の世界だからだ。

 

10年前に比べると、
時代的にも、
年齢的にも、
きみたちの状況はそれぞれに重くなっていることだろうと思う。

 

けれど、ヴィーナス&ブレイブスの思い出とともに、
こんなことをときどき思い出してほしい。

 

名もなき人の名もなき一日。
それは、
名もなき勇者の、神話の一ページなのだと。

 

一日一日を大切に、今日こそは輝けるものにしようと、
希望を失わず、力強く生きて欲しいと思う。

無力感に打ち負けることなく、
今日こそは、と。

 

それが、あの作品を通じて、僕が表したかったことのひとつの、
今の言葉です。

 


最後に、
ちょうどこのゲームが発売されたころ、
つまり10年前の僕が、
初めて読み、勇気づけられた
有島武郎の有名な一節で締めくくりたいと思う。

 

『小さき者よ。
不幸なそして同時に幸福な
お前たちの父と母との祝福を胸に秘めて
人の世の旅に登れ。

前途は遠い。
そして暗い。
然し恐れてはならぬ。
恐れない者の前に道は開ける。

行け。
勇んで。
小さき者よ』

 

10年もの間、僕たちの作品を愛し続けてくれてありがとう。

さいごまで読んでくれてありがとう。

 

たとえばリリーとマキは、イゴールとミレイは出会うことはなかったけれど、
僕らは、奇跡的にも、同じ時代に生きている。

 

ともに行こう。勇んで。

 

小さきわれらよ。

 

川口忠彦

ツイート