トーキングアバウト 青い鳥のタロット

talkingtrt_logo
2012年に発売されるもわずか1年足らずで完売し、多くの方の要望により、2014年再版した青い鳥のタロット。

絵を中心に総合的な表現をしてきたアーティストの川口忠彦と西洋占星術師の三上牧がコラボレートして作られた大アルカナ22枚のデッキは、絵柄の美しさと、実占での読みやすさを兼ね備え、川口忠彦作品のファンだけでなく、タロット愛好家や占い師にも広く愛されています。

今回は、このタロットに魅了されたわたくし藤井まほが、5時間ノンストップで続くお二人のトークをじっくりうかがってきました。

インタビュアー+ライターとしてはもちろんのこと、占い師としての視点からも細かくつっこんでいます。
青い鳥のタロットの成り立ち、一枚一枚の隠された意味や意図、制作のこぼれ話など、これからしばらく月に1~2回ペースでお送りしていく予定です。この魅力的なデッキに秘められた興味深い話をどうぞお楽しみください。

(取材・構成 藤井まほ)

 

– index –

 2015.1.12  イントロダクション

2015.2.28  I. The MAGICIAN -魔術師-

2015.3.28  II. The HIGH PRIESTESS -女教皇-

2015.5.9  III. The EMPRESS -女帝-

2015.7.4  IV. The EMPEROR -皇帝-

2015.8.30  V. The HIEROPHANT -法王-

2015.10.10  VI. The LOVERS -恋人-

2016.1.2  VII. The CHARIOT -戦車-

2016.2.14  VIII. JUSTICE -正義-

2016.4.30  IX. The HERMIT -隠者-

 2016.6.18  X. The WHEEL of FORTUNE -運命の輪-

2016.8.14  XI. STRENGTH -力-

2016.9.24  XII. The HANGED MAN -吊られた男-

2017.1.21  特別篇  トーキングアバウト “トーキングアバウト”

2017.4.2 XIII. DEATH -死神-

NEW!! ->  2017.7.8 XIV. TEMPERANCE -節制-

 

talking_prof2

talking_icon2

 

ツイート