神道的見地からのNIGIMITAMA解説 

昨年11月に開催させていただいた、僕の初個展用の環境音楽を音源化したアルバム「NIGIMITAMA」について、本物の神職資格者の方より、解説文を寄稿していただきました。

もともと、『NIGIMIATA=ニギミタマ=和魂』というのは神道世界の言葉で、タイトルだけでなく、曲名にも周辺のエッセンスを盛り込んだり、音楽的にも和の五音音階(ヨナ抜きに非ず)を使用したりしています。

これらを改めて、本物の神職資格者に解読、解説いただいたテキストです。
神社本庁神職階位 正楷(明階課程修了)渡辺洋一氏による解説。

単なる神道の薀蓄にとどまらず、相当聴きこんだ上で、書いてくださいました。
NIGIMITAMAの音楽世界が、深化することは間違いないでしょう。
聴きこんでくださっている方には、心の底からお勧めさせていただきます。

こちら↓

『NIGIMITAMA現出』

改めまして、渡辺洋一殿、心よりお礼申し上げるとともに、この“邂逅”を有り難く思います。

HESOMOGE
川口 忠彦

ツイート