NIGIMITAMA

Ambient Music Album

『NIGIMITAMA』

by HESOMOGE with TERROR SQUAD


川口忠彦 HESOMOGE  個展
「黒キ太陽ノウタ」の会場用環境音楽として、
HESOMOGEが中心になってアンビエント音楽を制作。
テラースクワッドの全メンバーがそれぞれソロ参加している。

2012年11月 個展会場にて販売開始
2012年12月 完売

 

 

 


 


 

全16曲 67分

All Musics directed and arranged by HESOMOGE

01 邂逅 / 川口忠彦
02 光河 - 序奏 - / 川口忠彦・大関慶治
03 The Edge of The World / 川口忠彦・宇田川浩一
04 幸魂(さきみたま) / 川口忠彦
05 東雲 / 川口忠彦・ 前川裕之
06 極北の冥府 / 川口忠彦
07 八咫鴉 / 大関慶治・川口忠彦
08 神話 / 大関慶治・宇田川浩一
09 天奏 (ににんそう) / 川口忠彦・ 前川裕之
10 Soma – in the Abyss - / 大関慶治・川口忠彦
11 御霊ふり / 川口忠彦・宇田川浩一
12 和魂(にぎみたま) / 大関慶治・川口忠彦
13 邂逅 - 六弦- / 川口忠彦・大関慶治
14 奇魂(くしみたま) / 川口忠彦・藤岡洋史
15 光河 / 大関慶治・川口忠彦
16 黒き太陽の歌 / 川口忠彦・宇田川浩一

『ここには激速の轟音も、放蕩な攻撃性もない。
代わりに、そういった彼らの表現の奥底にある
――叙情的で繊細な音楽性や、 真摯で時にナイーブな思索性――
を掘り出し、アンビエントなトラックに結晶させた。
本来のテラースクワッドの表現を < 荒魂 > とするときの、
これは < 和魂 > の体現だと考えてつくっていった』(解説より)

 


神道的見地からのNIGIMITAMA解説

本物の神職資格者の方より、解説文を寄稿していただきました。>>>読む


TERROR SQUAD メンバーから

大関慶治 guitar / TERROR SQUAD

――個展のBGMとして、かなりいい感じに「空気」になりつつ、しっかり存在感があると思う。

自分が作曲に関わっているモノに関しての話だけど、やってる事はテラーとなんら変わりないんだよね。まあリズムのアレンジや歌の配置の事を気にしなくていい分、若干自由な面はあった感じかな。

あとは今回、思う存分「美しさ」に重点を置いて作曲できた。

まあ美しいながらも、テラー同様ちゃんと聴き手の脳みそを攻撃できる仕組みになってるから、ご心配なく。

美しいから是非聞いてみて

宇田川浩一 vocal / TERROR SQUAD

―― 刺激を受けるとか、与えるとか、
そんな陳腐な表現は嫌いだけど、刺激受けまくってます(笑)

これは共闘であり、Hesomoge 対 TERROR SQUAD の闘いである。

僕らが参加した今回のサントラはアンビエント作品で、
その世界観に参加させてもらったという形を取ってはいるが
今回の仕事は間違いなくTERROR SQUADの血肉である。

そこには僕らが普段演奏しているハードな音楽に負けない壮烈なエネルギーがある。

そう、彼の絵の様に。

俺はお前に負けないが、お前も俺に負けるなよ…と誰かが言ってたね。
これからもそんな気分で行きたいね。

あの濃縮された時間は何だったんだろう。
今やあの瞬間達は去っていってしまったが、
そこに灯った焔は今もなお、そしてこれからも、燃え続ける。

あなたも是非足を運び、
何かを感じ、それぞれの旅に出てくれれば幸いです

 

藤岡洋史  drums / TERROR SQUAD

――今回は個展のBGMの作成というのが前提だったけど、
完成してみるとHESOMOGEソロアルバム+TERROR SQUADという印象。

勿論アンビエント作品という事になるんだろうけど、
バンドのTERROR SQUADでやっている事とは大いに関係ありと思う。

自分の参加した曲については、素材を提供して自由に使ってもらった感じなので、
基本HESOMOGEにプロデュースはおまかせだったけど、良い経験になった。―

 

前川裕之  bass / TERROR SQUAD―

―― 普段自分達のやっている音楽とはかけ離れた静寂の世界の中で、
メンバーそれぞれがそれぞれの持ち味を生かし、更には新たな側面も見せつつ、
時には激しささえも感じさせる、そんなアルバムだと思う。

最初は道に迷ったりもしたけれど、それでも歩き続けるうちにどんどん景色が良くなり、
自分自身も凄く楽しくなり、最終的にはとても良い場所にたどりつく事ができた、
いつもとはちょっと違った旅をしたような感覚だった。
このアルバムに参加できた事自体嬉しく思うし、
この貴重な体験をする機会を与えてくれたカワにマジで感謝!――

 


 

12/21 完売御礼!

 

ツイート