春のはじまりのご挨拶

春陽の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

このたび、私川口忠彦は制作に専念するため、独立開業いたしました。

みなさまにさまざまなご助力をいただきながら制作を続けることができ、この日を迎えられましたこと、心より感謝申し上げます。

 

今後は、2011年の初個展以来さまざまに行っておりました活動をはじめ、新たなプロジェクト、ご依頼でのアートワーク制作・作品提供など、より精力的に活動していく所存でございます。

自分とって、10代の頃からずっとやりたかったことです。

しかしながら、初めての個展も、今回の独立も、実現に至ったのは、4年前の入院と3年前の震災が大きく影響しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(こちら、ご挨拶に代えて制作した絵葉書です。ご希望の方にはお送りさせていただきますので、メールフォームにてあて先をご連絡いただければと思います)

いつか、いずれ、準備が十分に出来たら…と思っていても、ある日唐突にそれまでの生活が断たれるという事実。それは十分よくわかっていたつもりだけれど、改めて思い知らされました。

それから、自分がどんな風に世の中にかかわり、役に立っていきたいのかということも、たくさん考えました。

いろいろなことをやってきた自分ですが、いまは「もっともっと力を付けなければいけない」「全てのことを自分で決めて進めていかなければいけない」というプレッシャーに追われつつ、ここが自分の死に場所なのだろうという、妙な安らぎも同時に感じながら日々を過ごしております。

とにかく、より良い作品をお見せできますよう、制作と研究に勤しんで参ります。

頑張りますので、今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

2014.4.4
川口忠彦
HESOMOGE

 

 

ツイート