42歳になりました

こんにちは。

本日またひとつ歳をとり、42歳になりました。

震災からここまで無我夢中に発表をしてきて、
いろいろと環境や心境が変わったりしているのですが、
とにもかくにも、アートや表現の活動に集中していきたいという心境です。

世の中には、価値があるもの、『価値があるとされているもの』はたくさんあるけれど、
自分が直接貢献できることってそうそう多くはない。
40歳を不惑というけれど、 自分にとって大切な領域がどの辺なのか、だいぶ絞られてきたように思います。

あれもこれもと目移りする時間も気持ちもほとんど残っていない。
自分にとっては、

『アート』 と 『人が生きていくこと』

このあたりの領域に、残された時間やエネルギーのできるだけ多くを注ぎ込んでいきたいのです。

 

そして、そのためにも、「自分の内面を高めたい」と、最近強く思います。

  • 心の中の闇、否定的意識や悪感情をもっと手なずけること。
  • 『受けるより与える』という境地。
  • 相応の教養

こういったものを身に備えたいと。

なんだか突然最近そんな風に思うようになったのです。

 

年齢などただの数字でしかないということを思い続けてきたし、
いまでも、年齢を諦めの口実に使うのは好きではない。

けれど一方で、『若いから許される未熟さ』というものもあるよなあと。

現世を生き抜くために闘っていくことと、
こういったことを両立するのは、かなり難しい。

おとぎ話のキャラクターならともかく、生身の人間には、とてつもなく難しい。

 

けれども42歳。
そろそろそういうところを目指してもいい頃かなと。
近頃はそんな風に思います。

そしてまた、そういったことが、作品や表現の源泉になっていくのだろうとも思うのです。

 

いよいよこれから!

という気概で臨んでまいります。

何卒今後ともよろしくお願いいたします。

 

2013.6.20
川口忠彦
HESOMOGE

 

ツイート