logo

誕生日を迎え

 

みなさまこんにちは。

本日、誕生日を迎えました。

なんとまあ50歳になりましたよ。
まさか自分が50歳になるなんて、とても信じられません。

生まれつき身体が弱く病気がちで
一年で何度も救急車で病院に担ぎ込まれたり
肺に穴が空いているとか言われて
どでかい病院に何度も通っては
他の子達とぜんぜん違うぶっとい注射打たれたり

みんなと楽しく遊んでいたはずが自分だけ突然吐き気を催して
離脱せざるを得なくなったり
保健室がおなじみの落ち着く場所だったり

ひとりっこで、もともと内向的な人間が
そんな風な日常を過ごして

いつしか心も“みんな”とは別のところにいって
お世辞にも心身ともに健全とは言い難く歩んできた自分が

なんと
50年も持ちこたえたんですよ。

これはもう御の字ですよ。

そんな風に、病気や自殺で若死にしても全然不思議ではないタイプだったので
ほんとうに「よくやった、おれの心身!」といいたい。

よく頑張った! もう十分です。
とりあえず命のミッションクリアということでよいです。

ゴールイン! やったね!

ここからあとは「ボーナスタイム」。

そんな気持ちで生きていきます。

私の母と祖母は脳出血で
ある日突然倒れ、それきり会話の機会を絶たれました。

自分もタバコをやめ、アルコールをやめ、カフェインを減らし、体重を落とし、食事を整え、必死に対策はしていますが、こういうものは結局人智を超えるものだと思います。
述べたように、もともと頑丈ではない人間です。
そろそろいつ終わっても、自分的には納得してしまうような年頃になったということです。

「いつか言おう」「時が来たら」では、その機会はないかもしれない。

だから今日、あらかじめ言っておくことにします。

 

私の人生で 私と出会って
仲良くしてくれた人
助けてくれた人
そして
わたしの作品に触れ 愛し
応援してくれた
すべての方に
感謝いたします

ありがとなぁ!まじで!
おかげで人生楽しかったよ!

信用してくれた人 作品を好きだと言ってくれた人 仲間に迎え入れてくれた人
陰で取り立ててくれた人 楽しく会話してくれた人 明るく挨拶してくれた人
丁寧に質問に答えてくれた人 遠くから個展に訪れてくれた人 親切にしてくれた人
一緒にご飯食べてくれた人 車の運転してくれた人 笑顔でいてくれた人
ほかにもたくさん…とにかく楽しく関わってくれたすべての人!

「生まれてこないほうが良かった?」なんて何度も思いかけたけど
みんなのおかげで、その底なし沼に落ちずにすんだよ

おれが居たことやしたことで
なにかみんなの役に立っていたならうれしいね!

ほんとうに ありがとう!

 

ということであらかじめの「終わりの挨拶」をさせていただきました。

では

今後の『ボーナムタイム』中、引き続き宜しくお願い致します。

この一年もいろいろな絵を描きました

この数年、《絵》にこだわって細かいところをいろいろ見直し、鍛えてきました。
おかげで結構マニアックな深いところまで踏み込めたと思います。

 

さてここからは、《絵》の細かいところよりも、
《表現》としてのステージをもっと上げていきたいと思っています。

前述したように、「命」としてはもう十分これまでで感謝なのですが
《創作表現》という道においては、手応えがまだまだ足りないです。

もっともっと人に伝わりたい。
つよく共鳴・共振を生み出したい。

バズや流行りの対岸で
人間にとって大切な感覚
《わたしたちの原風景》を
形にしたいと思っております。

創作の《ピーク》は“これから”です。

ひとまずここまでこれたことを区切りとして感謝しつつ、頑張っていきます。
ときどき心折れそうになるけど、正面衝突で戦う名誉の傷だと信じて、邁進していきます。

 

単刀直入に言います。

 

応援してください。

 

ではまた作品の中で。

川口 忠彦

Comments are closed.