CURTAINS LABEL ロゴデザイン

新宿のライブハウス「アンチノック」がインディーレコードレーベルをはじめました。

“CURTAINS LABEL”といって、
いまライブハウスに出入りするバンドへのサポートとして、
背伸びして大量の在庫を抱えるのではなく、かといって諦めてCDRを無料で配るということに甘んじるのでもなく、
等身大の活動ができるレーベルのようです。

そのレーベルロゴを制作しました。
依頼者は、元マシリトの印藤君。

ヴィーナス&ブレイブスの製品ロゴとか、
中で使っているフォントとか、そういうのも作ってきていているのですが、
今回は、大好きな世紀末美術のラインで制作。
あえて線の歪みや粗さもそのままに、アナログ感たっぷりで仕上げました。

ちなみに、こういう感じのものなら15kぐらいから承れます。

川口忠彦
へそもげ

ツイート