7/14 ライブペイントしました

7/14土曜日 横浜 天王町オレンジカウンティブラザーズにて、 テラースクワッドのワンマンと同時進行で、ライブペイントしてきました。     音楽のアートワークを制作するときは、何百回と楽曲を聴き、その音の持つ世界観を体に沁みこませて制作します。 テラースクワッドの曲を聴きながらテラーの作品を制作するのは、自分にとっては、あまりにも日常的なことです。 (これについては、音楽系のアートワークを制作される多くの方がそうでしょうし、しかも、最近実は必ずしもいいことばかりではないかもしれないぞ…などとも思っているのですが、それはまた今度) 楽曲を聴きながら制作していると、音の影響を受け、 絵が様変わりしたりします。 やがて、音と絵の方向が絶妙な噛み合わせ (一致とは限らない)になったとき、 紡ぐ世界が一気に鮮やかになり、 血がめぐりはじめる瞬間があります。 我ながら、興奮する瞬間です。 しかし、そういう瞬間は、常に自分ひとりの部屋で起こっていることです。 今回は、せっかくのライブ。 ということで、その瞬間をこそ共有したい、 と思ったのです。 完成品を見ていただくだけなら、 いつもと同じですから、 限られた時間で描く意味はありません。   どんな苦労をし、 どれだけ試行錯誤をしたかというのと、 まったく関係なく、 そこに美しさが存在しさえすればよい。 それが、絵です。 だから、「絵を描こう」としない。   「何が仕上がるか」以上に、 「どう作られていくか?」という、 まさにライブそのものを共有したいと思ったわけなのです。   去年の11月に行った第一回目。 このときは、完全な具象絵画を描こうとしました。 今年の5月に行ったタツシマさんとのコラボレーション。 これは、完全な抽象画です。 今回は、その両方をブレンドしてみました。 抽象的な具象画。 抽象的に始まり、具象に近づいて終わる絵。 そんなアプローチです。 今回、お友達のはなすけさんからこんな言葉をいただきました。 「もっと感覚的に筆をドドドドーッと(笑) 動かしていくものと思っていましたので、 川口さんがじっと全体を見て 空中で筆を動かして 実際に線が引かれたところを頭の中でシュミレーションされてるだろう姿を見て衝撃を受けました。 絵画に限らず、一見激しさや情熱が迸っていると見えるものでも、実はクールで緻密な工程を経て完成してるものなんだ」 まさにその点が、 自分とテラースクワッドを最も強く結び付けている点かも知れないなと、発見した次第です。   感情をドライブさせつつ、感情に流されず。 計算をするが、計算負けしない。   簡単に言えば、芸術とは エモーションと技術とを両輪で高めていくという行為とも言えます。 一見相反するかのようなその二つの要素を、 どれだけ高い位置で両立させるかという、 そういうチャレンジなのだと思います。 実際それがどのように受け取られたかは、 自分で語れることではなく、 その場に居合わせてくれた方に聞くより他ありません。 自分としては、 もちろん力足りず、 もどかしい思いもありつつも、 わずかに手ごたえを感じることができました。   この先もただただ精進していくより他はないのですが、 表現の一分野としての“ライブペイント”。 この領域は大切にしていきたいと思っております。 末永く続けていくので、 機会があればごらんください。     ご来場いただきました方、本当にありがとうございました。   川口忠彦 HESOMOGE 拝    

Read More →

7.14 ライブペイントやります

もう今週末ですが、 7/14(土) ライブペイントやります。 場所は横浜天王町オレンジカウンティブラザーズ。 前回5/31のIronfist辰嶋との競演以来で、 通算3回目のライブペイント。   今回は、我がTERROR SQUADの初のワンマンライブと共演で描きます。 ライブと同時進行で描くので2時間ぐらい描くと思います。 >>前回の模様はこちら こちらがイベントのフライヤー。   今回もまた、どうなることやらわかりません。 5月のライブは、やってみたらどうにか面白いものになりました。 さて今回は。 今回も、そこで、必死に生きます。   7月14日 土曜日 憎まれっ子世に憚る 二巡目 横浜天王町オレンジカウンティブラザーズ 出演:TERROR SQUAD    LIVE & HESOMOGE LIVE PAINTING 開場18:30 開演19:00 当日券\1,200- +Drink代   企画者のWildcatsくんより 「おかげさまで、前売チケットは完売致しました。  当日券はありますので前売チケットお持ちでない方もご心配なく」 とのこと。   良かったら見届けに来てください。 場末のスナックを改造したような、ひどくやさぐれた場所です。 7/14土曜の夜。 僕はそこで必死に生きます。 川口忠彦 HESOMOGE 拝  

Read More →

タロットポストカード通販開始!

デザインフェスタで販売した、 『青い鳥のタロット ポストカードセット』 の通販を開始いたします! 詳しくはこちらをご覧ください。   なにとぞよろしくお願いいたします。   川口 忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

41歳になりました

  こんにちは。 本日誕生日でして、めでたく41歳になることができました。     忘れもしない2011年。 震災の余韻冷めやらぬ去年の梅雨に始まった40歳という一年は、振り返ってみると楽しいことがいっぱいあった。 オリジナルの音楽を作りアルバムにして発表し、初めての個展をやって、本当にたくさんの魅力的な人と出会うことができた。 ヴィーナス&ブレイブスという作品を通じてつながっていた、10年来の仲間たちともついに対面できた。 ライブペイントに挑戦したり、有難いお話をいろいろと頂いた。 今振り返って思えば、自分にとっての30代は、ほとんど丸々、暗いトンネルの中にいたようなものだった。 自分の思っている自分と、自分が実際に置かれている状況と、自分でも気づいていなかった自分の心の声…それらの不協和に苦しんだ。一言で括ってしまうなら、暗澹とした10年だったといってもいい。 その長く、暗いトンネルから、音を立てるように抜けだせたのが40歳の一年だったように思う。 多くは、これまで関わってくれた方々の好意の賜物であるが、同時に いままで、わずかばかりにも自分なりに積み重ねてきたことが、少しずつ花開いたり、ささやかな実りを得たりする感触を得た。 人は、本気で望むなら、いつからだって変わってゆける。 なんだか手垢にまみれた常套句のようだが、 これは、実際に自分が長いこと社会人教育の現場にいて、何度も目の当たりにしたことだ。 むやみに年齢なんていう数字に怯えるのが一番バカバカしいと改めて実感した。 今日も今日なりに一生懸命やって、あしたもそうして、いつか来る終わりまでそうしていくだけだ。 これからも年齢という数字にとらわれるのではなく、思い立った時には新しいことに挑戦し、必要なことを学び、自分なりのささやかな歩みを進めていきたいと思う。 去年もどっかで言ったけど、若く見せるとかじゃなく、どんどん「妖気」をまとって、妖怪みたいになっていきたい。 いつもありがとうございます。 今後も頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

ライブペイント終了 と 次回のお知らせ

こんにちは。 5/31、ライブペイントしてきました。 ライブペイントは2回目で、去年の個展前10月末に一度描いて以来の挑戦でした。   とてもよいライブ写真をミツハシカツキ氏が撮影してくれたのでそれを中心にご紹介。   今回は新大久保のライブハウスEARTHDOMで催された「CINEMA BLAST vol.9」という企画で、Ironfist辰嶋氏とドラムvsペイントの45分。 辰嶋さんはほぼブラストしっぱなし。 その轟音の中、驚くほどリラックスして、集中して描くことができました。                                           描いた絵についても、一回目に比べると格段に良くなったと思います。 まあ、始めたてというのは成長著しいものですね。 取り組むにあたっては、 「ライブペイントとは何か」 「そこでやるべきことは何なのか」 そんなことを自問自答して、自分なりに答えを持って、臨みました。 そういうアプローチはルは、自分のこだわり。   出番を前に、辰嶋さんと2人の楽屋。 始まり方、終わり方なんかを簡単に確認しつつ、絵のことなど話す中、辰嶋さんから 「へそもげは自分のスタイルを確立してるのがすごいよな」 と言われたことは、誇りにしたいと思います。   「俺は、マンガの絵とかをあえてマネしないでやってきてみてるんですよ」 「しんどい道をわざわざ選べるかどうかなんだよな」 「自分の世界観を確立する、ってのは容易なことではないし、目指す人も実はそんなに多くないように思います」 「しかもかっこよくないとダメじゃん」 言葉少なくともいちいち響く感じが、なんとも心地よく、驚き、道は違えど、心の行き着く境地はつながるものだと、また改めて思いました。   終わった後。 そんなに会話はなく。 終わった直後と、帰り際、 「最高でした」 「またやろう」 と固い握手。   辰嶋さんには「元GISM」なんて肩書きが要らない。 常に今のプレイを見たものに焼き付けるだけ。ソロだろうがバンドだろうが。 自分もそうありたい。いや、あらねばなりません。   実際今回のライブペイントの模様が、どんな程度のものだったのか、自分ではわかりません。 少なくとも、僕はそこで生きました。   撮影を依頼したので、いずれ編集して、ダイジェスト版ぐらいはネット公開したいと思います。   現物の方は、完成作品だけでも、一絵画として十分観賞に耐えられるものになってます。 (そこまでのものにならないと過程の「行為」「時間」も価値が薄いですし)   こちら、今年の個展で現物展示します。 (11/28-12/2 恵比寿 弘重ギャラリー) 72.5cm*190cmの大サイズです。 写メだといまいちですが、現物には大きさと、意外な細かさがあるのでそれなりに見ごたえあります。 フル版の動画も見られるようにしたいところです。     テラーの宇田川は「闘いの跡」だと表現した。そんな絵です。 ご来場いただいた方、声をかけてくださった方、 本当にありがとうございました。 少しずつ、力をつけていきたいと思います。   さて、 そして、 次のライブペイントがすでに決まっています。 7/14土 横浜で、 我がテラースクワッドのワンマンライブと同時進行で2時間程度、描かせていただきます。       7月14日(土) テラースクワッド 初ワンマン with HESOMOGE ライブペイント at 横濱オレンジカウンティ 前売1200円 取置なし限定50枚 チケットは wildcats666@jcom.home.ne.jp まで   川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

5/31木 インプロアートします

こんにちは。 大変ギリギリになっての告知ですが、 今週木曜日、インプロアートします。 即興でのライブペイントです。 なんと、ジャパニーズハードコアの生きる伝説、 Ironfist辰嶋との共演。 Ironfist辰嶋ドラムsolo feat. HESOMOGE(ARTWORK from TERRORSQUAD) というユニットです。 辰嶋さんのドラムは、一見どころか、なんどでもかぶりつきで見る価値があります。 もはや、「ドラム芸術」だと思います。 かねてから、そのドラムプレイもさることながら、作るバンドつくるバンドごとのコンセプトとデザインワークのキレ。そのコンセプターとしての実力に感服しておりました。 去年、僕の個展にもいらしてくれて、アンケートにも熱いメッセージを残してくれた辰嶋さん。 そして、とうとう今回、オファーをくれて、初の共演が実現するわけなのです。 今回は「CINEMA BLAST vol.9」という企画で、爆音で映像を見たり、ブラストビートに泳いだりするすこし風変わりなイベントです。 音楽では、うちら『Ironfist辰嶋 feat. HESOMOGE』と、爆走グラインドコア『Self deconstruction』 がでます。 こちらのバンドもかなり楽しみです。 かっけー♪ インプロアートなんて、初めてのことです。 すこし前の自分なら、確実に、怖気に適当な理由を見繕って、辞退してたと思います。 でもどういうわけか今は、ちょっとやってみたいなと。そう思ったのです。   「CINEMA BLAST vol.9」 5月31日(木) 19時半スタート(オープン19時) 新大久保「EARTHDOM」 東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1 料金:当日¥1800(前売¥1500)+ドリンク(¥500)   どうなることやらわかりませんが、 少なくとも僕は、そこに生きていて、必死になにかをしていることでしょう。 良かったら、現場を目撃しに来てください。   川口忠彦 HESOMOGE 拝    

Read More →

デザインフェスタ終了&個展のお知らせ

こんにちは。 5/12土、13日、デザインフェスタに出展いたしました。 ご来場いただいた皆様、ポストカードをご購入いただいた方、 まことにありがとうございました。 お知り合いの方の顔を見られたことも、 はじめての方に声をかけていただいたことも、 どちらも本当にうれしく、出展してよかったなと思っております。   とりわけ、タロット占いの専門家の方に複数にご来場いただき、 「一枚一枚すべて納得がいく」 「好みなので完成したら絶対買いに来る」 と言って頂けたのは大きな励みになりました。 制作中のタロットは、表面的な絵柄の面白さだけでなく、「本当に使えるタロット」をコンセプトに、本職の鑑定解釈に耐えうる内容にするため、プロの西洋占星術師の三上牧さんとの共作で制作しており、深い解釈を踏まえて、それを美術的に昇華させようと試みており、そのお墨付きをもらったような気がしたからです。 秋までには22枚しっかり揃えて、カードセットにしたいと思います。 ご来場いただいた皆さん、告知に協力していただいた皆さん、 会場での運営に協力してくれたTERROR SQUADのメンバーと関係者のみんな。 そして、2日間の搬入から最後まで搬出まで、ずーっとサポートしてくれたWildcatsさんに、 心からお礼申し上げます。 ありがとうございました! さて。   そして、個展の告知をさせていただきます。 今年も、11月に個展をします! 11/28水-12/2日 恵比寿 弘重ギャラリーにて!   前回は、初個展として、これまでの集大成的に、 セブンモールモースの騎兵隊やヴィーナス&ブレイブスなども含め、バリエーション豊かに展示いたしました。 今回は、デザインフェスタで初お披露目をした タロットカード『青い鳥のタロット』の大アルカナ22点の展示を 中心に組み立てていきます。 22枚の、ちゃんと使えるタロットカードセットも発売予定です。 タロットを共作させていただいている西洋占星術師の三上牧さんによる鑑定実演や、私へそもげによる、一枚一枚の解説ギャラリーツアーなども、企画しております。 デザインフェスタは、ちょっとしたご紹介という程度ですが、個展では今回もしっかりと空間を作り上げ、長居して楽しい展覧会にしたいと思っております。 11/28水-12/2日 東京は恵比寿(弘重ギャラリー)です。 会場でお待ちしております。 ぜひともお越しいただければ幸いです。 川口忠彦 HESOMOGE 拝

Read More →

5/12,13 デザインフェスタに出展します

こんにちは。早速ですが、 5/12(土)、13(日) 東京ビッグサイトで開催される、 デザインフェスタVol35に出展いたします。 ブースはD-13 ※詳細は下部   僕の出展作品は 『青い鳥のタロット』 と称する新シリーズで、 去年の個展で好評だった、『姫君の青い鳩』(ACE COMBAT5 劇中童話)の挿絵のタッチを、 新しくタロットカードの世界に展開するものです。 右の画像のような絵ができつつあります。 こちら、本職の西洋占星術師 三上牧さんとの共作で 「本当に使えるタロット」 をコンセプトに、 表面的な絵柄の面白さだけではなく、 内容も本職の鑑定解釈に耐えうる本格的なものを目指しています。   今回のデザインフェスタでは、 こちらのタロットの新作絵6点。 これにテラースクワッドのフライヤーの絵を2点。 これらすべて2012年制作のものなので、2.4m×2.4mほどの小さなスペースですが、 ちょっとした新作展のようなものになります。 旧作は一点、『極北の冥府』を持っていくつもりです。   また、 “青い鳥のタロット”の今回出展分の中から5枚をチョイスして、 ポストカードセットを販売いたします。   デザインフェスタ終了後に、通信販売も致します。 なにとぞご贔屓に。   ◆デザインフェスタvol35 2012年5月12日(土)・13日(日) 東京ビッグサイト西ホール全館   川口忠彦の出展場所は D-13 (Death-13) と覚えてください。笑   入場エスカレーターを降りてすぐ左手。 ショースペースのある、中央の大ホールの一角です。 開催時間は 11:00 - 19:00 チケットはこんな感じです。 一日券の当日券が1000円。詳しくは上記リンクにて。   個展と違い、狭いブースですから、すぐ観終わってしまうかと思います。 遠方から来てくださいとは言えないのですが、 近郊の方、特に、デザインフェスタにご来場予定の方は、ぜひ ブース Death-13  にお立ち寄りいただければと思います。 お待ち申し上げております。   川口忠彦 へそもげ 拝

Read More →

CURTAINS LABEL ロゴデザイン

新宿のライブハウス「アンチノック」がインディーレコードレーベルをはじめました。 “CURTAINS LABEL”といって、 いまライブハウスに出入りするバンドへのサポートとして、 背伸びして大量の在庫を抱えるのではなく、かといって諦めてCDRを無料で配るということに甘んじるのでもなく、 等身大の活動ができるレーベルのようです。 そのレーベルロゴを制作しました。 依頼者は、元マシリトの印藤君。 ヴィーナス&ブレイブスの製品ロゴとか、 中で使っているフォントとか、そういうのも作ってきていているのですが、 今回は、大好きな世紀末美術のラインで制作。 あえて線の歪みや粗さもそのままに、アナログ感たっぷりで仕上げました。 ちなみに、こういう感じのものなら15kぐらいから承れます。 川口忠彦 へそもげ 拝

Read More →

ジャクソン・ポロック展

ジャクソン・ポロック展に行ってきた。 お恥ずかしながら、最近まで名前すら知らなかった。 聞いていたのかもしれないが、認識していなかったのかもしれない。 抽象画自体はどちらかというと好きではあるので、 結果的に作品自体は楽しんだが、 そもそもは特に好みというわけでもなかった。   それでも展覧会に足を運び、さらには、勉強会にも参加したのだが、 理由はと言えば、今更ながら、最近強く思うようになったのだ。   「自分の好みだけで見るものを取捨選択する」か否か。   この点が、「プロとアマ」「専門家とそれ以外」を分ける重要なポイントなのだと。   今さらか、と思うかもしれないが、今さらなのだ。 好みのものというのは、放っておいても自然に深堀していくことになる。 (もっともこれも、自覚的でないと、ある線を越えられない) ましてや好みでないものは、意識しなければアンテナに引っかかってこない。 そういうものにまで広げて、自分の担当分野の見聞を広げておくことは、 マイナスはない。 改めて、自分がセブンのアートディレクションや、ヴィーナスの監督などを どうにかやり遂げることができたのは、ほかでもない、ゲームの歴史や文脈を、 (好きが高じた結果ではあったが) かなりしっかりと押さえていたからだと思う。 そういった集積がなければ、次第に創作の土壌は痩せ細っていく。   ポロックは、現代に続く美術の文脈の中で、大きなポイントになるアーティストのようだったし、19世紀末あたりの僕の好きな美術のロマンチックさと、 20世紀以降の、現代のモダンアートに続く現実感とを分ける、 大きなポイントになるアーティストなのではないかと思い、出不精な自分に鞭を打って出かけたが、その収穫は大きかった気がする。 ジャクソン・ポロック展 東京国立近代美術館で5/6まで。 ポロックを大々的に扱うという意味では、日本では初めての試みのようだし、 まだ会期があるのでおすすめしておきたい。 展覧会特設サイト http://pollock100.com/

Read More →